障がい者の為に考えられたバリアフリー

2015年3月16日 / 未分類

障がい者が楽しく運転ができるように、最近では様々な工夫が凝らされた自動車が登場しています。何かしらのハンディキャップがあっても、運転免許を取得できればドライブが可能な世の中になったというわけです。手足のいずれかが不自由な人も、最新技術が凝縮された自動車を利用すれば、安全快適に運転ができます。足に障がいがある方に向けて開発された車2種類あります。1つは運転席が自動で外に出て、車いすの乗り降りを楽にしてくれる車です。片方の足が正常に動いている人は、このタイプの自動車を好みます。また、車いすのまま車に乗り込んで運転ができるものも、足が不自由な人にとっては嬉しいです。車いすを固定して車内に引き込むタイプが主流で、運転が終わった後も余計な労力を使わずに車外の移動が始められます。最後に、両足ともに運転が難しい状況の人に向けて、手だけで車の操縦ができるものもあります。ハンドルやその周囲にアクセルペダルと同等の機能を持つレバーが備え付けられており、さらにはブレーキ操作も手で行うことが可能です。これらの車は実際に公道で走る許可を得ていますので、購入後に練習をすれば、障がいを持つ人でもドライバーの仲間入りです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る