植樹帯、並木、柵などの整備が如何に重要か

2015年3月16日 / 未分類

歩行空間のユニバーサルデザインとして、植樹帯、並木、柵などの整備を充実させていくことは大切な取り組みの一つです。近年は高齢者や子供といった社会的弱者に対してバリアフリーの配慮が見られる社会造りの推進が行なわれており、その一環として人が歩きやすい歩道造りが焦点にもなっています。

そのため、人が歩きやすい歩道造りにおいては道路緑化が欠かすことが出来ない政策として認識されています。それについては、国や各地方自治体が知恵を絞って整備が行なわれており、今後もそういった整備は充実した都市空間の構成ではなくてならならず、将来的にも欠かすことが出来ません。

例えば、歩道のわきに散歩や遊びなどで疲れた高齢者や子供が座ることが出来るベンチ、また並木や柵などを設けて誰もが安全で過ごし易い歩行空間を作り出すことが出来ます。それだけでなく、街や都市の整備として住み易い街づくりの一環としても行われ、緑があることが大気汚染の問題や自動車の排気ガス問題の解消に繋がる側面もあります。

また並木の持つ道路緑化の機能は、大気汚染の浄化機能の他に交通騒音低減機能もあり、また遮蔽の機能、景観調和・統合機能も存在します。しかも交通安全機能や防災機能などまで様々なメリットも存在しており、その整備が如何に大切かの研究成果も提出されています。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る