音響信号機の整備について

2015年3月16日 / 未分類

障がい者も健常者と同じように道路移動ができる仕組は、音響信号機を始め様々です。街中で見かける信号機から一定の音が聞こえてくるのは、目の不自由な障がい者が快適に横断歩道を渡れるようにするためです。特徴的なメロディーは他の音との差別化を図り、信号機から流れていると確信できます。杖で周囲の障害物を認識しながら歩みを進める障がい者には、横断歩道に備え付けられた信号機の状況を把握する術が過去にありませんでした。交通弱者の中も目が見えないハンデを背負った方々が安全に横断できるようにと、音が出る信号機が設置され始めたというわけです。設置前と比べて障がい者が絡む横断歩道での交通事故が減ったため、その効果は確かなものであると知られるようになりました。優れているにもかかわらず、国内全ての信号機から音が出るまでには至っていません。まだ完全なバリアフリー化が、信号機に施されていないわけです。早急な整備が求められるものの、設置費用が無料ではないことから自治体によっては音が出る信号機の割合が低いこともあります。一日でも早く視覚障がい者が安全に横断できるようになるためには、音が出る信号機の整備が求められているのです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る