歩道の段差・傾斜・勾配

2015年3月16日 / 未分類

道路は自動車だけでなく、自転車やオートバイ、そして歩行者なども通行する場所です。そして、障害を持った方も安心して通れるように、歩道もバリアフリー化が進められています。

例えば黄色の点字ブロックというものがあります。これは目が不自由な方が安全に通行できるようにするためのものです。荷物で点字ブロックを塞いでしまうのは、視覚障害者の方の妨げとなりますので、しないようにしましょう。

続いて段差です。例えば高齢者や身体障害者の方ですと、この段差が歩行の妨げになると感じることも多いことでしょう。一方で視覚障害者の方は段差によって車道との区別をしますので、まったくないのも問題なのです。

そこで、なるべく差を小さくする、というバリアフリーの方法があります。

次に勾配と傾斜です。完全に平坦な道というものはあまりありませんので、どうしてもこうした勾配があるのは仕方がない部分もあります。

それでも可能な限り、勾配を減らすことで車いすの方などが通行しやすいようにするという動きがあります。

自動車でも自転車でも、歩行者になるべく危険な思いをさせないような運転をすることが必要です。道路はみんなのものですので、危険な運転は避けましょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る