カテゴリー「未分類」の記事

音響信号機の整備について

2015年3月16日 / 未分類

障がい者も健常者と同じように道路移動ができる仕組は、音響信号機を始め様々です。街中で見かける信号機から一定の音が聞こえてくるのは、目の不自由な障がい者が快適に横断歩道を渡れるようにするためです。特徴的なメロディーは他の音との差別化を図り、信号機から流れていると確信できます。杖で周囲の障害物を認識しながら歩みを進める障がい者には、横断歩道に備え付けられた信号機の状況を把握する術が過去にありませんでした。交通弱者の中も目が見えないハンデを背負った方々が安全に横断できるようにと、音が出る信号機が設置され始めたというわけです。設置前と比べて障がい者が絡む横断歩道での交通事故が減ったため、その効果は確かなものであると知られるようになりました。優れているにもかかわらず、国内全ての信号機から音が出るまでには至っていません。まだ完全なバリアフリー化が、信号機に施されていないわけです。早急な整備が求められるものの、設置費用が無料ではないことから自治体によっては音が出る信号機の割合が低いこともあります。一日でも早く視覚障がい者が安全に横断できるようになるためには、音が出る信号機の整備が求められているのです。

点字や音声による道路案内

2015年3月16日 / 未分類

駅や観光地などで、目の不自由な方向けに、点字や音声による道路案内板が設置されているのをよく見かけるようになりました。初めて行く場所では、健常者でも道路の様子やどこに何の建物があるかなどが分からないものですから、目の不自由な方であれば尚更です。こういった案内が増えてきたことは喜ばしい事です。
例えば、初めて行く駅で、JRから私鉄に乗り換えるための経路を確認する場合の事を考えてみますと。案内板の点字を触ってそれぞれのホームの大体の位置関係を把握し、それと共に「◯◯鉄道の改札口は、ここから左に50メートル進んだ先にあります」という音声を聴けば、目的の乗り場までの経路をより詳細に知ることができるのです。列車の乗り換えだけでなく、バスのりばや多機能トイレなどの位置を示すために用いられています。
ただ、訓練を受けた視覚障害の方でも、感覚だけで歩行距離を正確に把握するの難しく、目的の場所まで確実にたどり着けるとは限りません。もし我々が、案内板を確認している目の不自由な方を見かけたら、声をかけて誘導してあげるようにすることで、大きなバリアフリーが実現するでしょう。
最近は、日本にも様々な国の人たちが観光などで訪れるようになりましたし、オリンピックも開催されますから、英語など外国語の点字や音声による案内もあったほうがいいかもしれませんね。

視覚障害者誘導用ブロックの設置の効果

2015年3月16日 / 未分類

自動車が絡む事故の中で、視覚障がい者が被害者になってしまう場面は少なくありません。周囲の状況が判断しにくいとき、視覚障がい者は方向感覚が麻痺してしまうからです。無意識のうちに道路上に飛び出してしまい、自動車が衝突してくる事故を防ぐために視覚障害者誘導用ブロックがあります。黄色く凸凹したブロックが歩道の中央に敷き詰められていて、名前の通り視覚障がい者が安全に移動できるようにするために存在します。どんなに分厚い靴を履いていてもブロックの感覚が伝わるように作られているので、予備知識さえあればすぐに誘導ブロックであると判断することが可能です。また、このブロックは冒頭で述べた自動車事故の防止にも効果を発揮します。教習所で習った方が多いことですが、夜間に一番視認しやすい色は黄色です。視覚障がい者のために設置されているブロックも黄色なので、夜間に自動車を運転するドライバーは遠くからでも視認がしやすくなります。足で得た感覚で進むべき方向が分かり、視覚障がい者が夜間の自動車事故の被害に遭わないためには専用ブロックの設置が有効というわけです。全国全ての歩道に設置されているわけではありませんが、現在でも着実に普及率が向上しています。

障がい者の為に考えられたバリアフリー

2015年3月16日 / 未分類

障がい者が楽しく運転ができるように、最近では様々な工夫が凝らされた自動車が登場しています。何かしらのハンディキャップがあっても、運転免許を取得できればドライブが可能な世の中になったというわけです。手足のいずれかが不自由な人も、最新技術が凝縮された自動車を利用すれば、安全快適に運転ができます。足に障がいがある方に向けて開発された車2種類あります。1つは運転席が自動で外に出て、車いすの乗り降りを楽にしてくれる車です。片方の足が正常に動いている人は、このタイプの自動車を好みます。また、車いすのまま車に乗り込んで運転ができるものも、足が不自由な人にとっては嬉しいです。車いすを固定して車内に引き込むタイプが主流で、運転が終わった後も余計な労力を使わずに車外の移動が始められます。最後に、両足ともに運転が難しい状況の人に向けて、手だけで車の操縦ができるものもあります。ハンドルやその周囲にアクセルペダルと同等の機能を持つレバーが備え付けられており、さらにはブレーキ操作も手で行うことが可能です。これらの車は実際に公道で走る許可を得ていますので、購入後に練習をすれば、障がいを持つ人でもドライバーの仲間入りです。

歩道を幅広く整備することで得られるもの

2015年3月16日 / 未分類

歩道の整備は安全性や快適性ということからもこれから進めていかなければなりません。
歩行者と切り分けができていないところも多くあります。このような路肩を歩行する場合は注意が必要です。時速40キロから50キロで走行するような自動車と同じ道を歩くのはとても危険なことです。
まして夜になると街灯もすくなければ見えにくく事故の確率も高くなります。
安全性という面からは、これらを整備していくことが重要ではないでしょうか。しかし十分な道幅がないような道路もあります。農道など歩く場合はすぐに整備することもできないためこのような道を歩く場合は十分注意が必要です。
市町村道や都道府県道、国道などは歩行者が歩くことができるようにバリアフリーも進んでいます。
できれば段差をつけて切り分けることが大切です。段差だけではスピードが出ている自動車の事故を防ぐことはできません。ガードレールなど取り付けることでより安全性が高まります。
快適性という意味からも幅を広くとることで、歩行者のなかにはベビーカーなど押している人もいるのでより快適に使用することができるのではないでしょうか。
また幅広くして緑化するなど、地域としてもいい街づくりにつながることになります。

道路の無電柱化によって得られる恩恵

2015年3月16日 / 未分類

歩道の無電柱化が進めば、生活上のハンデがある方に優しい社会が実現します。電柱が目に見えなくなるということは、それだけ歩道の幅が広くなることを意味します。車いすでの生活を余儀なくされる方々は、歩道が広くなると移動範囲が広がるので、快適な移動が可能です。使い慣れた移動手段とは言え、歩道に電柱が存在していると車輪が引っかかり思い通りの動きが難しくなります。これから先、歩道から一切の電柱が姿を消すと車いすを愛用されている方々の暮らしが便利になるというわけです。目から情報を得にくい人々にも、電柱がなくなるのは嬉しいことが多々あります。前方の障害物を確認するための杖が一定間隔で電柱に当たることがないので、スムーズな移動が可能です。また、盲導犬をつれて歩いている方は電柱に激突するリスクをゼロにすることができます。この他に、ハンディキャップを抱えた人と健常者が歩道上ですれ違うときにも有効です。先で触れた方々は、周囲の状況を確実に把握するため、または移動のために多くのスペースを必要とします。その際に電柱が目の前にあり、かつ向かい側から健常者が近付いてきたら行動を制限せざるを得ません。電柱がなければ、歩道のすれ違いが楽になるというわけです。

植樹帯、並木、柵などの整備が如何に重要か

2015年3月16日 / 未分類

歩行空間のユニバーサルデザインとして、植樹帯、並木、柵などの整備を充実させていくことは大切な取り組みの一つです。近年は高齢者や子供といった社会的弱者に対してバリアフリーの配慮が見られる社会造りの推進が行なわれており、その一環として人が歩きやすい歩道造りが焦点にもなっています。

そのため、人が歩きやすい歩道造りにおいては道路緑化が欠かすことが出来ない政策として認識されています。それについては、国や各地方自治体が知恵を絞って整備が行なわれており、今後もそういった整備は充実した都市空間の構成ではなくてならならず、将来的にも欠かすことが出来ません。

例えば、歩道のわきに散歩や遊びなどで疲れた高齢者や子供が座ることが出来るベンチ、また並木や柵などを設けて誰もが安全で過ごし易い歩行空間を作り出すことが出来ます。それだけでなく、街や都市の整備として住み易い街づくりの一環としても行われ、緑があることが大気汚染の問題や自動車の排気ガス問題の解消に繋がる側面もあります。

また並木の持つ道路緑化の機能は、大気汚染の浄化機能の他に交通騒音低減機能もあり、また遮蔽の機能、景観調和・統合機能も存在します。しかも交通安全機能や防災機能などまで様々なメリットも存在しており、その整備が如何に大切かの研究成果も提出されています。

歩道の段差・傾斜・勾配

2015年3月16日 / 未分類

道路は自動車だけでなく、自転車やオートバイ、そして歩行者なども通行する場所です。そして、障害を持った方も安心して通れるように、歩道もバリアフリー化が進められています。

例えば黄色の点字ブロックというものがあります。これは目が不自由な方が安全に通行できるようにするためのものです。荷物で点字ブロックを塞いでしまうのは、視覚障害者の方の妨げとなりますので、しないようにしましょう。

続いて段差です。例えば高齢者や身体障害者の方ですと、この段差が歩行の妨げになると感じることも多いことでしょう。一方で視覚障害者の方は段差によって車道との区別をしますので、まったくないのも問題なのです。

そこで、なるべく差を小さくする、というバリアフリーの方法があります。

次に勾配と傾斜です。完全に平坦な道というものはあまりありませんので、どうしてもこうした勾配があるのは仕方がない部分もあります。

それでも可能な限り、勾配を減らすことで車いすの方などが通行しやすいようにするという動きがあります。

自動車でも自転車でも、歩行者になるべく危険な思いをさせないような運転をすることが必要です。道路はみんなのものですので、危険な運転は避けましょう。

歩道とバリアフリー

2014年11月17日 / 未分類

現在歩道に求められているバリアフリーは、段差の撤廃と音声が出る信号機の設置が進められています。人は普段気づかぬ内に段差を認識して、足が引っかからないように注意して歩くことが一般的です。それは目で見た情報の中に段差を認識するだけの映像が含まれているからであって、目が見えにくい人にとっては転んでしまう原因となります。道に段差があることは、バリアフリー化を阻害していることと同義です。すぐにでも全ての段差を撤廃させることが理想ですが、その作業を行うだけの人員も予算も確保することは難しいです。そこで、段差部分をコンクリートで固めて緩やかな傾斜にする工夫が全国各地で行われています。少ない資材と人員で作業が行えますので、バリアフリーに多くの予算を割けない自治体でも積極的に作業されるようになりました。また、音声が出る信号機の存在もバリアフリーには欠かせません。段差が道路上からなくなったとしても、信号機の表示を見て通行することは極めて困難です。信号機から合図となる音声が出されていれば、視覚障がい者にとって歩きやすい社会の実現に一歩近づくことができます。道路とバリアフリーは、お互い密接に関わりあっています。

TOPへ戻る